企業側がオンラインへの投資、さらには動画、特にYouTubeなどを中心としたプラットフォームへのアップが重要だと考えている一方でそれをいかに広げていきたいか?といった観点からも投資を行う時代になっています。
これをビジネスチャンスとして捉えると間違いなくインフルエンサーの存在は欠かせないものになってくるはずです。
実際にはブログやSNSなどを起点にして発信力をもつ方々がインフルエンサーと呼ばれるわけですが、もちろんターゲットもさまざまなインフルエンサーが存在するわけです。
自分自身がどういったターゲットを握っていて、どういった知識に造詣が深いのかきちんと把握しておけば、ビジネスとして成立するようになります。
それがアフィリエイトというかたちになるわけです。
大きな流れとしてはまず、企業や個人事業主が自身のサイト、動画を一定する訴求したいとオーダーします。そこにはアフィリエイトサービスプロバイダーが介在し、要望に従ってインフルエンサーを探してくるわけです。さすがにダイレクトにつながるのは難しいと思いますので商流はビジネスモデルに従うべきかと思います。
それでも自身のブログや動画らSNSのアクセスが多ければこうした話が入ってきたときに間違いなく自分自身がインフルエンサーとして取り上げられることになります。
ここからは、いかに報酬を得るために工夫を重ねるかということになります。
単に自分自身のブログやSNSにアクセスが多いだけではなく、いかにその商品や、サービスに誘引できるか、さらには販売につなげることができるかといった工夫が必要になります。
そもそもはオンラインでユーザーを惹きつけるテクニックを持っているのであれば、それほどハードルが高いわけではないと思います。
後は、商品やサービスに合わせたターゲットをどのように自分自身のブログSNSで維持し続けることができるか、さらに増やしていくことができるかを考えることになります。
自分自身がインフルエンサーとして、さらに収入場合は本業であるYouTubeの収入を増やしていくことが相乗効果を生むことにつながります。
このように企業や個人事業主がインフルエンサーを求めている以上、間違いなく収益を生み出すことが可能です。今後も市場が広がりつつありますので自分自身がそこでどのような役割を果たすことができるか大きなビジョンを描きつつ、ビジネスを展開していくことが非常に重要ではないでしょうか。